完全無料

華散るが如く 6

花里ひかり┴神月一八

無料で読む

鎮魂祭当日、私は無理矢理浄閑寺に連れてこられた。「蛇様!」そこには白拍子姿の蒼桐花魁が。「お初にお目にかかりんす。わちきが吉原は三浦屋の蒼桐でありんす」遠目から見たことはあったけど、こうして対面するのは初めて…。堂々として綺麗な人…。こんな人に私が勝てるわけがない……!

同じシリーズの作品

この作品のジャンル一覧

編集部おすすめ特集

編集部おすすめコミック

どうして無料で読めるの?

BL漫画やTLマンガなどの無料漫画(まんが)を30000話以上配信中!会員登録不要で今すぐ最新巻まで無料で漫画が読めます♪キュンマガでしか読めないBLマンガやTL漫画も全て無料で配信中!