完全無料

華散るが如く 11

花里ひかり┴神月一八

無料で読む

はっきり拒絶されてしまった……。きっともう、想う事すら許されない。蛇さんに貰ったかんざしを眺めながら、私は涙を堪えていた。突然、乗っていた駕籠が止まる。「何事です?」駕籠を降りてみると、道に女性が倒れていた。「もし、どうなさいました?」起き上がった女性を見て、私は思わず悲鳴をあげてしまった。

同じシリーズの作品

この作品のジャンル一覧

編集部おすすめ特集

編集部おすすめコミック

どうして無料で読めるの?

BL漫画やTLマンガなどの無料漫画(まんが)を30000話以上配信中!会員登録不要で今すぐ最新巻まで無料で漫画が読めます♪キュンマガでしか読めないBLマンガやTL漫画も全て無料で配信中!